更新できなかったため、申し訳なすぎるから、わたくしの短編小説を載せて、お茶を濁そうと思います。

2019年05月13日

更新できなかったため、申し訳なすぎるから、わたくしの短編小説を載せて、お茶を濁そうと思います。

nvl.png






【2019-05-14執筆。】


こんにちは。わたくしです。

実のところ、5/7,5/9,5/10,5/13の記事が抜けていたため、今さらながら、穴埋め更新!
ごめんなさい!


題して、


更新できなかったため、申し訳なすぎるから、わたくしの短編小説を載せて、お茶を濁そうと思います。





よろしくおねがいします!




絆② 余波



 小夜が拓に思いもかけず、告白してしまってから一週間になろうと云うところだった。
 ふたりは表面上、何ら変わっていなかった。
 変わっていなかったけれど、拓はたしかに小夜を意識し出しているみたいだった。だから、小夜は告白したことを後悔しても居た。


 だけど、
 小夜は考える。
 あの場合、告白は仕方ないことだった。
 わたしはどうしてもお兄ちゃんに、向かってしまうもの。




……気が向いたら、つづきます。

posted by わたくし at 17:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください