2019年04月30日

平成最後にhydeさん♪

IMG_20190430_0007.jpg



こんばんは、わたくしです。
平成最後の日、いかがお過ごしですか?

わたくしは麗しのhydeさんをスキャンして過ごしました(苦笑)。


IMG_20190430_0003.jpg




はうわー、お美しい!


平成最後にhydeさん♪



ありがとう御座いました♪

posted by わたくし at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深夜に過去記事(2019-04-28分)を穴埋めしました。

past.png



おはようございます、わたくしです。



深夜に過去記事(2019-04-28分)を穴埋めしました。





しかーし、

あまり、気づかれていないみたいです。

なので、
アナウンス!


⇒まきころす。




大した内容でもないけれど、読んで、クスリとしていただければ幸いです(o^∇^o)ノ

posted by わたくし at 09:33| Comment(0) | ブログのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

『風の行方』のこの上ない切なさ

img_0.jpg



こんばんは、わたくしです。
GWですね(o^∇^o)ノ


お休みで時間的にも、気持ち的にも、余裕があるので、久しぶりにhydeさんについて。


『風の行方』のこの上ない切なさ




そもそも、『風の行方』って?



『風の行方』はL'Arc~en~Cielのメジャーデビューアルバム『Tierra(スペイン語で大地)』の8曲目。


wikipediaによれば、


8.風の行方 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc?en?Ciel
シングル曲ではないがミュージック・ビデオが制作され、イメージビデオ『Siesta ?Film of Dreams?』に収録されている。「In the Air」と同じく「20th L'Anniversary LIVE」にて久し振りにライブで演奏された。


とのこと。



切なさ①『風の行方』のYou Tube動画



hydeさん、切なく歌い上げるといません?
もはや、犯罪(´・ω・`)!
切なすぎて、有罪(苦笑)。






特に、サビの




行かないで そばにいてほしい
震えた声がこの身体に響いて
息が出来なくなる
その涙に終りはないの?




などは、

聴いてるこっちが息ができなくなるから(>_<")!みたいな。。。





切なさ②メロディにマッチした歌詞





麗らかな空に誘われ
少し窓をあけた休日
頬づえをついた私に届く風は
次に誰を訪ねるのだろう

あわただしく過ぎゆく毎日も
今日は少しだけ緩やかに
退屈で手にした本から落ちたのは
あの時から止まったままの笑顔

あなたといた鮮やかな記憶が蘇る
次の風を待つこの窓辺に

行かないで そばにいてほしい
震えた声がこの身体に響いて
息が出来なくなる
その涙に終りはないの?

あなたといた鮮やかな記憶が蘇る
あの長い夏の終りにあなたはまるで
迷子のような泣き顔で私に…

せつなくて抱きよせたくなる
この想いは何?
もう困らせないから この部屋において行かないで
一人にしないで

今もまだその声がこだましている
今も…




posted by わたくし at 23:35| Comment(0) | hydeさんと初期ラルク(sakura時代) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

まきころす。

file1.jpg



昨日の記事が抜けているので、今更ながら、穴埋め。


まきころす。





わたくしは、まきこさんというひとが好きなのですが。


わたくし   まきこに会いたいじゃー!!!
介助者①   ふふ。まきこロスですね。



昼間、こんな会話を交わした。

別の介助者何人かに、その話をしたところ、
みな一樣に、


まきころす。⇒巻き殺す。




と、脳内変換した模様。


なんでだ!

posted by わたくし at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

わたくしの短編小説③『化粧井戸』

file1.jpg



こんばんは、わたくしです。
わたくし、ちょっと思いついたのですが、これからネタに困ったときや、時間がないときは、

短編小説を載せて、お茶を濁そうと思います。

よろしくおねがいします。



わたくしの短編小説③





『化粧井戸』

 楓はもう先刻(さっき)からずっと、午睡(まどろ)みの中で天滴の音色を数えていた。滴の音色の饗宴の中に、ひときわ楓に響いてくるものがあった。化粧井戸に天滴の落ちる音だ。
 道楽者として知られた曾祖父が造らせたもので、穴を開けた瓶を伏せて庭の何処ぞに埋めてある。雨が降って瓶の穴を滴が通過するときに独得の反響音になる。瓶の在り処は誰も知らない。化粧は〈化性〉にも通じ、妖かしが冥府と此の世を行き来する際に、酒瓶から落ちる滴の音であるともされていた。その酒は決して呑むな。たちまち眠くなって冥府へ連れ去られる。女には美顔水だと勧めると云う。
 幼い弟の陸は化粧井戸の響きを大変こわがり、雨が降ると楓に纏わりついて離れない。と、陸がやってきた。
「あの音は雨がおはなししているのよ。」
 陸を布団に招き入れながら、楓は云った。
「おはなし?」
「そう。少しもこわがることないのよ。」
 陸が落ち着いてきたのを受けて、楓はマグを差し出す。
「さ、落ち着いたら甘酒でも飲んで。神社で配られていたの。」
 従順に飲むと陸はたちまち眠りに落ちた――…。
                             





posted by わたくし at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする